職員紹介

STAFF

  • 主任

    保育士を目指そうと思ったきっかけは?

    私自身が幼い頃、、保育園になかなか馴染めず、よく泣き、給食も食べない、おやつも食べない子どもだったのですが、ある1人の先生を好きになったことから、保育園のことが大好きになりました。

    そういう先生になりたい!と思ったことが、保育士を目指す1つのきっかけになりました。

    それからは私自身が小学生、中学生になった時にも、近所の保育園に遊びに行っては子どもたちと触れ合っていました。

    「子どものことが大好きだな~」

    「子どもと触れ合う仕事をしたい」と思い、保育士になることを決めました!!

    たくさんのお子様にも、保育園のことを大好きになってもらいたいです🎶

    好きなこと

    旅行や遠出に行くことです。

     

    日本、海外どちらも大好きで、旅先で色々な景色を見ること、様々なことを体験すること、現地の名産物を食べること、それぞれの文化などを知ること で自分自身の世界観を広げていきたいと思っています。現地の方と触れ合うことも、たくさんの刺激を受けることができるので好きです!

     

    まだまだ知らない世界が多いので、テレビやネット、本などで色々な国を見て、観光地や世界遺産なども調べ、行ってみたいところリストも作っています。それを少しずつでも制覇していきたいです!

    旅行が私の活力になっています🎶

  • 副主任

    ・好きな言葉とその理由

    好きな言葉「ぴんちゃんす」(ピンチはチャンス) 前向きになれる言葉で、とても好きです☆

    少し落ち込むことが起きたとしても、この言葉を思い浮かべると、顔を上げれます、自然と力が湧いてきます、そして、落ち着いて前を向き、また新たな気持ちでスタート出来そうな気がします。

    もうひとつ?は 「ガマン」(できる子は、えらいんやで) 「ありがとう」(いえる子は、えらいんやで) この言葉も好きで、私自身 育児の中で大切にしてきた事のひとつで、何度も子どもたちに言ってきました。ん?…未だ大学生になった子どもたちに発しています、笑

    ・10年後 卒園児とどんな関係でいたい?

    10年後も「ハグ」し合える関係であれば最高にHappyです☆

    以前の保育園での出来事ではありますが、

    ある保護者の方からの視線が…ん?ん??、、、あー!!!〇〇ちゃん?!?思わずハグしちゃいました!

    以前、担任させて頂いた園児ちゃんが、立派な立派なお母さんに成長されていました。

    またまたご縁を頂けるなんて、とっても有り難く、そして同時にものすごく幸せな気持ちになった事を今でも鮮明に覚えています。

    彼女との素敵な再会、そして、これからも繋がりが続く、なんとも嬉しい限りです☆

    保育士を続けていて良かった♡って思える瞬間でもありました。

  • 今はまっている事は?

    旅行が好きです。
    知らない土地に行って景色を見たり
    神社を参拝したり、美味しい物を食べることが大好きです。
    会社の仲間や友達や家族と旅行に行くといつもより親密になり更にいい関係になれるの旅行の素敵な所だと思います。
    又、明日からまた仕事頑張ろうと活力にもなります。
    国内、海外問わずいろんな所に行きたいです!

    保育士になろうと思ったきっかけは?

    年中の時、病気で突然入院する事になり幼稚園の先生がよくお見舞いに来てくれました。

    幼稚園でよく読んでいた絵本をプレゼントしてくれたり、一緒にお絵描きしたりなど楽しい時間を作ってくれました。退院してからも楽しく幼稚園に通えるように寄り添ってくれたりといろんな配慮してくださりとても救われたのを今も覚えています。

    そんな先生みたいな先生になりたいと強く思い保育士になることが私の夢になりました。

  •  

    保育士を目指そうと思ったきっかけ

    私には10歳離れた従姉妹がいます。叔母の第二子出産の際、当時まだ1歳半だった従姉妹を預かることになりました。ちょうど夏休みだったこともあり、従姉妹とずっと一緒に過ごせることが嬉しく、一日中一緒に過ごし、夜眠るのも隣で寝て、片時も離れたくないと思うほど、可愛くて仕方がありませんでした。しばらくすると私に後追いをするようになりました。どこに行くのも一緒にいた一か月。夜泣きをすると抱っこをしてなきやませたり、怪我をさせてしまったこともあり、大変なこともたくさん学びました。でも私にとって、忘れられない貴重な一か月になりました。その頃から保育士になりたいと思うようになりました。一度違う職種の学校へ通いましたが、そこで保育所実習があり、やは保育士になりたいと思う気持ちが強くなり、卒業後、保育士資格を取るために頑張りました。今こころ保育園で勤務させていただき、成長の著しいとても可愛い乳児期の子ども達と毎日接することができ、とても幸せな日々です。

    好きなこと

    読書。明るく楽しい気持ちになれる本が好きです。子ども達の読んでいる漫画も大好きです!仕事、家事、子育ての合間に少しずつ読むのが毎日の楽しみです。

    コーヒーが大好きです。私の癒しの時間です。

    バスケットボール をしている長男の応援をするのも楽しみです。子ども達が頑張っている姿に元気をもらいます。合間にコンビニのコーヒーを飲むのも忘れません!

    1日の終わりに三人の子ども達が引っ付いて眠っている姿を見るのが好きです。バタバタした1日も穏やかな気持ちで終われます。

    些細なことに幸せを感じられるような人になりたいです。日々の生活の中で大好きなことをたくさん見つけ、毎日楽しく元気に過ごしていきたいです!

  • これまでの人生で熱中したことは?

    小学校から社会人になるまでずっとバレーボールをしています。元々体を動かす事が大好きでテニスや体操を習っていたのですが小学生の頃、友達と興味本位で入ったバレーボール部でスポーツの楽しさだけでなくチームプレーの素晴らしさや難しさを学びました。それから中学、高校、社会人とずっとバレーボールをしており、大好きなスポーツになりました。

    自分一人だけでは成り立たない競技だからこそ今この仕事にも活かされている事があると思います。

    保育士を目指そうと思ったきっかけは?

    昔から小さい子が好きだったのですが1番のきっかけは小学生の頃、同級生に弟が産まれ、その子のお世話をさせてもらった時でした。

    10歳以上歳の離れた小さい赤ちゃんを抱っこし、その子が天使のような寝顔で私に身を預けてくれる姿を見た時、とっても嬉しかったのを覚えています。そして改めて自分は小さい子が好きで将来小さい子と関われる保育士になりたいと思いました。中学校へあがり、職場体験で保育園を訪れた時に自分が保育園で働いてる姿を想像する事ができたのも大きな理由でした。

  • 幸せを感じる瞬間は?

    私が幸せを感じる瞬間は,保育園で子ども達が自由遊びをしている時に「先生,一緒に遊ぼう」と笑顔で言ってもらえた時や散歩や公園へ出かける時に子ども達の方からあの小さな手で私の手を握ってくれた時です。子ども達の笑顔を見るともちろん幸せを感じるのですが私から子ども達に声をかける前に話をしにきてくれたり,手を握りにきてくれた時は嬉しい

    気持ちになり幸せを感じます。私の存在を知ってくれているんだなと思えますし,信頼してくれてるのかなと思えるからです。そして何よりも一番幸せを感じられるのは毎日笑顔で元気いっぱい登園する子ども達の笑顔が見れた時と楽しそうに笑う声が聞こえた時です。

    「好きな言葉」

    私の好きな言葉は「ありがとう」です。この言葉を言われて嫌な気持ちになる人はいないと思います。感謝を伝えるための一番大切な言葉です。私は子どもの頃から両親に友達に助けてもらったりした時は「ありがとう」を伝えなさいと言われていました。友達に「ありがとう」を伝えると

    必ず笑ってくれていました。

    それは大人になってからも同じです。私は感謝の気持ちを忘れないように心がける事により「ありがとう」と恥ずかしがる事なく素直に口に出せると思います。この言葉を一言伝えるだけで言った側も言われた側も自然と笑顔になり嬉しい気持ちに

    なります。

    この不思議な力をもった「ありがとう」とゆう言葉が

    私の好きな言葉です。

  • 好きな言葉とその理由は?

    : 質実剛健

    質実剛健は「飾らず真面目で、強くたくましいこと」を表す四字熟語ですが、私は恩師にそんな人間になりなさいと言われました。
    意味を知った私は心身共に強くなり真面目に何事にも取り組むことができるようになりたいと思いました。
    その言葉を忘れずに挫けそうになったり、いい加減な気持ちになってしまった時には質実剛健な人と思われるように気持ちを入れ替えて自分を奮い立たせる事ができる唯一の言葉なので好きな言葉にあげました。

    保育園で働こうと思ったきっかけは?

    保育園の先生がとても愛情深い先生でした。先生にたくさん褒めてもらい、自信を育んでもらいました。また、先生に毎日あたたかく抱きしめてもらい、愛されているという実感を得ることができ、自己肯定感が確立されたような気がします。先生のように子ども達の自信や自己肯定感を育むことのできる、素晴らしいと言われるような人間になりたいと思っています。
    また、保育に直接関わることは少ないですが、保育士の先生のサポートをして先生方が働きやすく配慮できればと思います。

  • 保育士を目指そうと思ったきっかけは?

    年長の時、担任だった先生がすごく優しくて面白くて、みんなから好かれていて、お母さんのような存在でした。そんな先生に5歳ながら憧れを抱くようになりました。それと同時に妹が産まれお世話をする機会が何度かありましたが、自分が”お姉ちゃん”していることに喜びを感じ何をするにも新鮮で、その都度見せてくれる表情にすごく癒され、将来は保育士になると決めました。

    今は病児保育士を目指していますが、
    憧れている先生のように誰からも信頼される保育者になりたいという気持ちはずっと変わりません

    好きなこと

    昔から細かい作業が好きで小学生の頃、夏休みの課題などで千羽鶴や枕カバーを縫ったり、製作ばかりしていました。黙々と作業したい性格なので製作中の時は無心で作っています。家事・育児の良い息抜きになるのでずっと私のマイブームです。最近はフェルトでキャラクターや果物、お花などのワッペンを作るのにハマっています。

  • 人生で熱中したことは?

    小学3年生から高校3年生までの9年間野球に熱中していました。
    叶うかどうかはわからないけど、小さい時からプロ野球選手になるという夢を抱いていたので、高校時代に親元を離れて寮生活をして周りの人達など様々な人に出会えることができ、自分のなかで何かを見つける、周りにも負けたくないなど強い気持ちもあり真摯に熱中できました。

    野球を通して多くのことを学ぶことができました。生活していく上で、協調性や忍耐力など自分にとってプラスになる力が身に付きました。これから学んだことを活かせれるように仕事でも本領発揮していきます!

    保育園で働こうと思ったきっかけは?

    元々子どもが好きで、子どもと触れ合い、無邪気で表現豊かなところがかわいく、子どもたちとのふれあいを通して自分も成長できる仕事に魅力を感じ、保育園不足が現代日本の問題になっていることも考え私も人の力になれる仕事をしたいと思いました。そしてこの粉浜こころ保育園の理念に共感し、先生方と話をさせていただいてとても温かく思いやりのある人たちと共に働くことにしました。
    絵を描くことや歌を歌う事、制作が好きで、自分の特技を生かす事のできる仕事に就きたいと思っていた。実習に行ってより一層保育の仕事に携われていることに感謝の気持ちが増しました。感謝!!

Page-top